さて、何がみえるでしょう?

副院長の佳瑛子です。

4連休最終日ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

お昼が近づいてやっと晴れてきましたね~

一気に暑くなりそうなので熱中症には注意しましょう。と思ったら、また雨ですね~😅

 

皆さん、この写真に写っているものが何かわかりますか?

f:id:otsuka-ah:20200725161200j:plain

さて、何がみえているでしょうか?

正解は、、、耳垢の中に隠れている・・ダニ!!でした~

この写真の中には2匹います。

このダニは、ミミヒゼンダニと言って、前回お話したSFTSを起こすダニとは違います。

外耳道に寄生し、耳垢などを食べて生活しています。

ミミヒゼンダニは動きまわることで、耳道に刺激を与え、痒みの原因になります。

ご自宅で気付かれるのは、耳を痒がってる、赤黒っぽい耳垢がたくさんでる・・

診断方法は、簡単です。耳垢をとって顕微鏡でみるとすぐにわかります!!

多数寄生しているときは、耳鏡で耳を覗くと動いているのがわかります( ゚Д゚)

治療方法としては、レボリューションというセラメクチンという薬剤の入った駆虫薬を

背中に垂らすことでダニを退治することができます💪

ただし、ミミヒゼンダニの生活環🐛(卵からかえり、成長し、卵を産むようになるま

で)は約3週間です。成虫の寿命は2か月と言われています。

そのため、1回の投与では完全に退治できないことが多く、当院では2週間後の再診な

らびに駆虫薬を再度塗布することを推奨しています。

特に、子犬・子猫でよくみられます。

赤・黒色のような耳垢がたくさんでているなどは要注意です!

夏は皮膚・耳の病気が増える時期です。

毎日のスキンシップの中で、お耳の中や皮膚などをチェックしてあげましょう♪