マイクロチップは入ってますか??

副院長の佳瑛子です。

やっと梅雨明けしたようですね!!

久しぶりに今日は暑いですね~

 

マイクロチップってご存知ですか?

犬や猫は、迷子になったとしても名前や住所を自分で伝えることができません。

しかしながら、マイクロチップを装着していれば迷子や災害などで飼い主さんと離れ離

れになった動物が保護された際、自治体や動物病院がリーダーで情報を読み取り飼い主

さんに連絡することができます。

当院で取り扱っているマイクロチップは、長さ10.9㎜、直径1.6㎜の円筒形のもので、1

5桁の固有の数字がデータとして記憶されています。

埋め込む場所は、頸部の皮下です。

少し針が太いので、不妊・去勢手術の際に実施するのをお勧めしていますが、

通常の診察でも実施できます。

f:id:otsuka-ah:20200801111638j:plain

このキットを使ってマイクロチップを挿入します。

マイクロチップは、作動に電池は必要なく1度埋め込むと半永久的に使用できます。

体内における影響は認められていません。

デメリットとしては、一部のMRI機器で画像が乱れる現象が出ると報告されています

が、ほとんどの場合は問題ないと報告されています。

当院では、マイクロチップ装着料は3000円で実施しています。

別途、登録料が1050円かかります。

(登録料は、装着した際に書類をお渡ししますのでクレジット払いもしくは郵便局での支払いして頂く形になります。)

迷子にならないし、災害もきっとこない!!

それが一番ですが、まさかの出来事に対応できるよう、マイクロチップの装着も是非ご

検討下さい。