強い皮膚の痒み~疥癬(かいせん)編~

副院長の佳瑛子です。

今季一番の冷え込みと言ってますね。けれど来週は少し暖かいようです🎵

皆さん、体調の変化なく過ごされていますか?

 

痒み・・は、ヒトでもつらいですが犬猫も同じです。

我が家の下の息子は1歳前から皮膚が弱く、今でも保湿を忘れると、お腹と背中にプツ

プツと湿疹が出始めます。

彼は、大人と違って「掻いたら悪化するし、掻くのやめておこう・・」なんて思いませ

んので 夜も寝ながらバリバリ掻いて出血し、朝にはほっぺに血が固まった状態で起きて

くることもあります(;'∀')

犬猫も子供と同じく、痒いので掻く!!出血するほど掻いてしまう事も少なくありませ

ん。

この猫ちゃんもとても痒く痒く、、

f:id:otsuka-ah:20201129103328j:plain

ボコボコした皮膚になってました。

私たちの病院では、皮膚に病変があった場合は、セロハンテープでペタペタし検査した

り、被毛を抜いて検査したり、時には病変部を掘るようにゴリゴリと掻把(そうは)検

査や培養検査を行い、原因を調べ、それにあった治療を行うようにしています。

この子に関しても、セロハンテープ検査と抜毛検査、皮膚糸状菌の培養検査をしました。

その時は、細菌と好中球がたくさんでていたので、皮膚の細菌感染の治療をしまし

た・・・(皮膚糸状菌は陰性でした!)

んが!!治らず・・・・痒みがどんどん強くなる様でした。

f:id:otsuka-ah:20201129103306j:plain

肢の裏までボコボコに!ん・・これは・・

そこで追加検査でゴリゴリと掻把(そうは)し、、顕微鏡で見たところ・・

f:id:otsuka-ah:20201129103253j:plain

ダニ!!発見!

そう、、ダニが住み着いていました。原因は、疥癬(かいせん)でした。

最初に発見してあげられず可哀想なことをしました。

疥癬は、ネコショウセンコウヒゼンダニの寄生による皮膚疾患です。

ダニは、表皮の角質層に寄生し、虫道(疥癬トンネル)を作ります。

このヒゼンダニは猫が大好きなので、猫同士の接触により感染していきます。

屋外にでる猫ちゃんの場合は感染機会が増加します。

また、ペットショップ・保護施設での感染も時にはみられます。

角質層に潜んでいるので、皮膚掻把(そうは)検査を行わないと見つかってこない場合

があります。

治療としては、滴下式の駆虫薬を用います。

用いる製剤にもよりますが2週間ごとに6週続けます。同居猫がいる場合はその子も同

時に駆虫を行わなくてはなりません。

基本的に、原因が疥癬のみであれば治療によく反応します。ただ、外にお出かけし感染

してしまった子に関しては、改善後も月に1度の予防薬の塗布をおススメしています。

久しぶりの猫疥癬でした!

強い痒みの原因がわかって安心しました。